子どもたちに伝えたい。
一人ひとりが生きる価値のある大切な人であること。

平成25年4月1日、青少年の自立を支援するホームとして「あらんの家」が奈良にオープンしてから8年。

令和2年4月1日に少女の自立を支援するホーム「ミモザの家」が誕生しました。

児童養護施設を対処してすぐに行き場の見つからない、家庭の崩壊や虐待などで居場所のない子どもたち。

「ミモザの家」はそんな彼女たちの第2の家庭です。

子どもたちにとって生きにくい時代だからこそ、子どもたちの健やかな成長を見守る人と人とのつながりある地域、地域全体で子どもたちの自立を支える社会を目指し、「ミモザの家」は活動しています。

ミモザの家 マスコットキャラクター「me-moちゃん」

ミモザの家のお留守番担当「me-mo(みーも)ちゃん」は、「ミーも!(私も!)」が口グセの女の子。ちょっぴりワガママでいたずら好きだけれど、実はとっても寂しがりで、恥ずかしがりで、頑張り屋さんな、とっても優しい心の持ち主。ホームのみんなが頑張っているのをいつもこっそり応援しています。me-moちゃんが喜ぶと、頭のミモザの花が満開になります。

©yuchan

名前: me-mo(みーも)

誕生日: 3月8日

好きな色:黄色

contact_txt